成人の日

20 years old is the age of majority in Japan.

instagram「日めくりFOPPISH」 (がんばって続けてる)

 

FOPPISH GIRLが誕生したのは1997年。
私が20歳の時に生まれた彼女たちも、今年で成人です。
何月何日に生まれたのかちょっとハッキリしないのですが、
この機会に誕生日を決めました。

4月9日。

彼女たちは20歳になります。
なぜこの日なのか、っていうのは今はナイショ。

あっという間に時は過ぎていてしまったけれど、
彼女たちとの付き合いももう20年。
飽きずに彼女たちの絵ばかり描き続けていますが、いまのところまだ飽きる事なんてありません。
彼女たちの顔と体のバランスやサイズ感はちょいちょい変化はしたり、彼女たちと私との関係性の変化しているけれど、FOPPISHに対する愛は変わらず。
飽きやすい性格の私ですが、好きになるとしつこい。
今も変わらず愛しています。

一緒にいろいろなモノを見て、いろいろな事を経験し、共に変化してきた20年。
これからも共に生き、共に記録していきます。

 

 
“FOPPISH GIRL”  was born in 1997.
As for it, I am 20-year-old time. Then it passed for 20 years.

Their birthday is decided now.
Their birthday is April 9th.
The reason that I selected as this day depends on a memory of the last year, but is a secret in detail.

My love to them does not change. I love them in all ages. My love for them will never change.
We changed together for 20 years.I live with them from now on.

 

20年前の彼女たち。
This picture was taken 20 years ago.

ちょっとの事だけど、こんなに違う。

A year with significant advance!
instagram「日めくりFOPPISH」
毎日続けてます(今のところまだ)。

 

昨秋から続く体調不良のせいで、すっかり引きこもり気味だった。
体が重たく思うように動かず。気持ちもショボくれる一方。
でも食欲は衰えずに、肥える一方。
人に会う事もあまりなく、家にこもる事が多かった約半年。

先日。思い立って「何にもしないで寝ちゃおー」
と、ちびまるこちゃんが始まる前にベッドイン。
14時間程寝続けたら、調子良くなった。
病院通ったり、いろんな薬飲んでも何にも回復しなかったのに。

違う先日。何となく気分転換に花をお家に飾ってみた。
今まで植物に対して何の感情も抱く事の無い、
女子心の欠片もなかった私が今、とても癒されてる。

辛くて暗い気分だったのに、
ちょっとだけ変えてみるだけでこんなにも違うんだ。

たまには、何にもしないでただ寝ればいい。
自然に触れ合うだけで、心って潤うんだ。

そんな事に今更気付いた、でも、気付かないよりは気付けてよかった。
いま頭の中、緑の事でいっぱい。

飽きずに続けよう。

I was a physical condition delinquent from last autumn.I went hospital many time but  did not recover.I almost stayed indoors for half a year in a house.
However, I became well-conditioned when I continued sleeping for approximately 14 hours.
And I started to display flowers in my house. As for me, a heart is healed very much.
This is a small change.However, my everyday feelings are greatly different.

あけましておめでとうございます

instagram「日めくりFOPPISH」
始めました。そして、毎日続けてます(今のところ)

 

もう、一月も終わりですけれど、
あけましておめでとうございます。
北海道は激寒・大雪で、早く冬が終わって欲しいです。
Happy New Year. I’m sorry I’m so late. It has been another end of January.Hokkaido is very very cold. And it is a heavy snow.I cannot wait for spring to come.

 

2017年は、昨年よりももっと意欲的に制作をしていく!
発表は、その時のタイミングや出逢いを大切に自分のペースで。

 

というのが今年の目標。
大した目標では無いけど。目標というか、決意。

年末からお正月は、家からほぼ出ずに制作。
初めて一人でお正月を過ごした。
知らぬ間に年が明けて、何日何曜日なのかも分からなくなって
気付いたら正月終了。
I draw a lot of pictures in 2017!!
This is my resolve.
I spent New Year holidays without going out of the house. I painted a painting The last day of the year that I spent alone for the first time.

 

年末からの新しい作品。
制作の進み方も素材も、初心に戻って。
でも、描く物語はあの日とは違う。
描く事で見えた、新しい思い。

私はFOPPISH GIRLたちに色々な事を教わっている。
それに気付けた、1月。

Start a new work.Material is paper in wooden panel,and pen drawing.Strangely I felt happy in a way though and that reminded me “back to basics” feel. FOPPIS GIRL  asks me about various things.And they taught me. I noticed the thing.

ネタ帳

img_7155

今のネタ帳に落ち着いて、先日で16冊目終了。
img_7157

以前は、いろいろなノートに描いていたので
サイズも紙質もバラバラ。

このノートの中には、19年前FOPPISH GIRLが誕生した瞬間や、日々の生活の中で私が感じた事や興味を抱いた事などが描かれています。
それは文字であったり、FOPPISH GIRLの動きとして描いていたり様々。

私は制作を始める時にテーマを決め、そのテーマから連想するストーリーを考えます。
その時にネタ帳の中に描かれている一人一人の記憶をつなぎあわせ構成するのですが、自然とつながりあうようにネタが集まっていることに驚きます。
テーマを決めた時点で既にその時の自分を表す言葉で、ネタの内容もその自分を記録しているからなので当然と言えば当然なのですが。
そして、一つの物語が完成。作品のできあがり。

来年はどのような姿になれるのか。
もっと色々な場所にFOPPISHと旅をしたい。
今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

img_7159

揃っているのは気持ちが良いものです。
「15」だけ飛び出しちゃったね。

It is my idea book.I finished 16 books after I began to use this notebook.
I used different notes before.
These are the notebooks which I used before.

A moment of FOPPISH GIRL birth is drawn in these.And the record of my memory is drawn.Those ideas are a sentence and pictures.I put them together and make a story.
Please accept my warmest wishes for a wonderful holiday season and for every happiness in the coming New Year.

 

Instagramで「日めくりFOPPISH」はじめました。
毎日つづける。

 

12月1日は世界エイズデー

12月1日は世界エイズデーです。毎年、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。

今年もSUNSTAR株式会社主催
「ネイルにレッドリボンを」キャンペーンが開催中。

Red-ribbon_CHIE

↑ 2015年開催キャンペーン参加の画像

 

現在、ボランティアで参加しているNGOと初めて出会ったのもこのキャンペーン。
このキャンペーンのおかげでつながった。

 

2010

↑ 2010年、キャットストリートにてイベント開催時の画像

 

「レッドリボン」とは、
エイズへの理解と、差別・偏見をもたないという意志を示すシンボルマーク。
このレッドリボンを、1人ひとりがネイルに描くことで、エイズについて理解していること、 差別・偏見を持っていないことを、目に見える形で示そうというキャンペーンです。

この活動を通じ、一人でも多くの方の目に触れる機会となりますように。
レッドリボンの意味を知りレッドリボンを身につけ、
正しい知識をもってエイズについてみんなで考えましょう。

大切な人のためにも、あなたを大切に思っている人のためにも…