ワンピースの喪服は年齢を問わずにずっと着れますね

1着目の喪服はおよそ30年前の事です。地元で一番の百貨店で5~6万円で購入しました。一番初めにそれを着たのは友人の結婚式でした。この喪服は9号でしたので、何回着たかわからないぐらい着ました。そして、約2年前に次に喪服を購入しました。

やはり30年ともなるとデザインも変わってきますし、自分自身もだんだん年を取り、代謝も悪くなり、体の線も崩れてきます。2年前に友人のお父様がお亡くなりになりました。1着目をボディスーツを着て、夫と娘に手伝ってもらいながら、喪服のワンピースのチャックを三人がかりで締めようとしましたが締まりません。

夫が破れるぞと言うので、仕方なく買い替えることにしました。その頃ちょうどやめた仕事先で知り合った同僚の子供さんが紳士服で有名なお店で買うことにしました。初めて一人で入るのは少し緊張しました。しかし、ちょうど2月で、新社会人などの方々が家族連れでたくさん買い物に来ており、それに紛れて私は、今まで取ったことにない13号を何着か見ました。

上着が2着あるのがかわいくて料金も1着目で買った物より安いけど、そう質感も悪くなくて、試着してみることにしました。試着してみると、上着の一方は喪服用、一方は、ちょうど娘の卒業式が一年後に控えていて、その時に使えそうな気がしました。

その日の夜に、お通夜に着るために新しい喪服を買って、その頃大きな悩みを抱えていた私でしたが、今もその悩みを抱えていたことをありありと思いだせるほどです。
2回私は自分の喪服を購入しましたが、その時々に自分の目で見て、購入し、何回か着ることもできて、現在2着目はあまり着ていませんが、これからも大事に1着目同様大事に着て、大事に管理していこうと思います。

1着目は娘もそろそろ20歳になりますので、もし、娘が着ることがあれば、譲ろうかと考えます。着物などは親子で着ることもあると思います。そういう風に洋服も何代にも渡り着ることも良いことではないかと考えます。ワンピースの喪服だと年代を選ばずに着れますしね。

喪服ワンピース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です